リノベーションQ&A
リノベーションのメリットとは?
一番大きいメリットはリノベーションは新築住宅よりも安く、良質の立地条件の物件を購入することができる点です。
そして、もう1つは自分のライフスタイル・好み・趣味に合わせて間取りやデザインが自由に決めれることです。
中古物件でもリノベーションにより間取りは壁などを取り壊して自由に設計できます。
デザインの自由度が高く、両条件の物件を得やすい。
マンションリノベーションってどうですか?
マンションは専有部分(住戸内)と共有部分(玄関ドアの外側・冊子等)があります。
専有部であれば自由に変更が可能です。
中古マンションを購入時にリノベーションにより大きく間取りを変えて自分好みの部屋にしてから居住するというのが最近ブームになっていますね。
私たちは提携している不動産会社と連動し中古物件探しからお手伝いさせて頂くことも可能です。
※マンションの管理組合によって違いがあります。
事前にマンション管理規約を十分確認する必要があります。
また、工事を行う前に管理組合はもちろんのこと、近隣住民の同意を得ることも重要です。
マンションでも自分好みの間取り・リノベーションは可能。
組合やご近所さん(になるであろう)方々とは購入前からコミュニケーションを。
住みながらのリノベーションは可能ですか?
リノベーションの規模・範囲によって異なります。
間取りから再構築するリノベーションであればスケルトン状態(完全に解体して工事を行う状態)にする必要があります。
その場合は仮住まいを検討頂きます。
部分的(リビングだけ・水回りだけ・お風呂場だけ・キッチンだけ)なリノベーションの場合は可能です。
工事も居住者や近隣の方への騒音を配慮し、平日日中作業するスケジュールを組むことが通常です。
居住スペースを残し工事し、段階的に実施していくことも場合によっては可能です。
個別にご相談となります。
住みながらのリノベーションは部分的なら可能です。
間取りを含めての再構築なら仮住まいをお勧めします。
古い物件は耐震性や耐火性などが心配です。
現在の建築基準法に合わせて、スケルトン(骨組み)状態にし、見えなかった部分を確認することで、構造部分の補修・補強をすることが出来ます。
耐震性や防火性への改善は新築住宅と同じレベルで対策を実施
リノベーションとリフォームの違い
リフォームとリノベーションの違いってなかなかわかりにくいものですね。

リフォームとは
入居者の住む前の状態に戻すこと、原状回復、新しいものに取り替えるという意味合いで使われることが多いです。

リノベーションとは
既存の建物に大規模な工事を行い、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。居住者の趣味思考に、間取りや居住スペースなど”居住デザインを合わせていく”ものと把握ください。
家族が増えた(子供ができた)ので子供中心の居住スペースにしたい。
子供たちが巣立っていったので自分たちの趣味を中心にした居住スペースにしたい。
独身時代を謳歌したい、同じ趣味の友達が集まるような居住スペースにしたい。
といった様々な世代・目的のためのスペースデザインと考えて頂けると良いと思います。
リノベーションという考え方が受け入れられている背景
一言で
大量消費社会時代であった”みんな同じ”という価値観から自分らしさ、自分・家族が満たされるための住まい、という価値観への変化。
ではないかと考えています。
自分たちの満足感を表現し、そこに住まいたいという想いに応えるよう市場が変化し、結果、1つの時代の流れになった。
そして、自分らしさの居住スペース作りは、新しいものを一から建てなくても実現可能で、コストも割安である、という金銭的なメリットも大きいことも影響しているかと思います。
コスト別のリノベーション範囲

費用100~300万円
部分的な工事を行う範囲の予算です。
例えばキッチンの入れ替え、トイレ・洗面所の改善や、部分的な間取りの変化、和室とリビングをつなげる。
バスルームの浴槽と床タイルの交換・・など。
私たちルーモアデザインでは材質やデザインに強いこだわりがあります。
お客様の感性が刺激されるような素材をご提案していきます。

費用300~500万円
主に、建物の間取りを大幅に変更することができる予算です。
リビングをお子様の学習スペースやアイランドキッチンにして家族が一緒にいる空間を作り上げる。
開放的なリビングダイニングと光を取り入れるよう窓枠を変化させる。
ご友人を招き入れる時にさりげなく洗面所でエレガントな演出をすべく壁材の取替え、洗面台・シンク・水栓金具を差し替える。
バスルームを家族の癒しの場となるよう機能性を追求しながらデザイン良い改良を加える。
などが可能となります。

費用500~800万円
主に大規模改善ができるレベルの予算です。
例えば、マンションではすべての部屋をスケルトンにし、不要な間取りを撤去して広々としたリビングに。
水管工事なども対応できるため、キッチン位置を移動させることも可能です。
私たちルーモアデザインは建材を使って家具・本棚・テレビ台なども手作りできます。
趣味用の棚、手すりのほか、遊び心の離れスペースを作ったりなど夢や願望の具現化などもご相談できます。
一戸建てでは一階部分の配置換え、耐震補強なども。
特に居住する家族構成が変化するタイミング。一人暮らしの自分好みリノベーションなどを望まれる方に多い予算規模です。中古マンションを購入してリノベーションしたい!という方も想定しやすい予算規模です。

費用800万円~
上を目指せばいくらでも・・となります。
一戸建てでは1階・2階それぞれフルリノベーション。
マンションリノベーションでも設置するキッチンを最近注目を集めている食事テーブルまでつなげた大きいサイズをしたり、大好きな音楽のために防音と音の反響を考えた部屋作り、巨大シアターをリビングに設置し、大好きな映画を思う存分に楽しむ改善・・・など、趣味や好みに特化し、ご自身の望む生活スタイルを追求されたい場合は皆さん”金に糸目はつけない。自分が納得いくまでの完成度で仕上げたいんだ”という意気込みです。
私たちルーモアデザインはそんな人生の楽しみ方を追求されたいお客様が大好きで、一緒にリノベーションのお手伝いをさせていただくことを誇りに思っています。

ご注意
上記の費用区分はあくまで目安になります。
購入する設備、現存の物件状態によって費用は変化することがございます。 特に、耐震・防火・配管状態・建物の傷み具合などはスケルトン状態にしてみてわかることもございます。
詳しくは個別にご相談・お見積をさせていただきます。

中古マンションリノベーションって何がメリット?デメリット?

(1)自分好みにデザイン
リノベーションの良さは住む人の個性やライフスタイルにあわせて自分好みの住空間を作ることができます。
新築だとあらかじめ間取りが決まっているおり、”誰でも使いやすいように”という設計が中心です。
新築マンション購入時に間取りを改築してから居住するという方もいらっしゃいます。

(2)コストパフォーマンスが良い
やはり値段が新築マンションと全然違います。
こと、仙台は震災後から新築のマンション価格が高い状態を維持しており、同じエリアでも差が大きくなっているのが現状です。
また、中古マンションだと希望しているエリアでの間取りも新築より広く取れたり無理のない資金計画をたてれるというのは大きいです。

(3)資産価値
あまり知られていないのが資産価値について。
耐震補強などで性能の向上、デザイン面もリノベーションにより特徴的になることで新築マンションと比べ、下落幅は少なく、購入時の価格より高く売れる場合もあります。

(4)住宅の欠陥の早期対応
マンションをスケルトン状態にして工事を行うため、通常隠れて見ることができない配管などの状態を把握でき、早期に対応ができるようになります。

リノベーションマンション選びのポイント

(1)リノベーションに適しているかの確認
鉄筋コンクリートの場合には、マンションの構造を確認する必要があります。
マンションの構造は大きく分けてラーメン構造と壁式構造の2種類がありますが、リノベーションで間仕切り壁の変更を検討する際には、壁と床で支えている壁式構造では構造上変更が難しい場合があります。ただし、ラーメン構造では部屋の隅に梁や柱の凹凸があり、すっきりしていないため、希望の間取りに従って構造を選択する必要があります。

(2)中古マンション周辺の確認
中古マンションの広さや方角のみではなく、インターネットやケーブルテレビの設備の有無や、駐車場や駐輪場などが実際に利用可能か、また、騒音があるかなど周辺環境にも気に掛ける必要があります。また、過去の構造補強などの修繕履歴や修繕計画も聞きくことも大切です。

(3)マンションの管理状況の確認
廊下やエレベーター、建物周りがきちんと清掃されているか、廊下の照明は切れたまま放置されていないか、避難階段にものが置いたままになっていないかを確認する必要があります。ずさんな管理がされている場合には、控えたほうがよいかもしれません。

(4)ローンを組めるかの確認
中古マンションの場合、新築と異なり、長期のローンが組めなかったり、所有権が無く借地権のみしかない場合、ローン自体を組めない場合があります。中古と新築では、審査のレベルが異なる場合があり、注意が必要です。